お知らせ::京都市 内科 | 立石クリニック,,

HOME  >  お知らせ
2月16日に開催されました京都高血圧フォーラム2017(ハイアットリージェンシーホテル)におきまして、院長が「当院における降圧処方の実態」と題し、降圧治療状況に関する発表を行いました。


  ↓↓↓クリックすると拡大されます↓↓↓

お知らせ | 09:45 PM | comments (x) | trackback (x)
来たる10月22日土曜日のBSジャパン7チャンネル『 教えてドクター 家族の健康 』に当院の院長が出演致します。番組のテーマは『 心房細動で脳梗塞になりやすい人 』です。

フリーアナウンサー木佐彩子さんとの対談の中で、なぜ心房細動で脳梗塞が起きるのか、どんな人が心房細動で脳梗塞になりやすいのかを分かりやすく解説しております。また、心房細動で脳梗塞を起こすリクスの高い人は、どのような方法でリスクを減らすことができるのかもお話ししております。
10月22日は ぜひ番組をご覧ください。

  ↓↓↓クリックすると拡大されます↓↓↓
お知らせ | 06:29 AM | comments (x) | trackback (x)
別冊 週刊ダイヤモンド 保存版「頼れる病院」に続き、 週刊朝日ムック最新版!「手術数でわかるいい病院」に当院が掲載されました。



当院では、リスク評価に基づく心臓・血管疾患予防に力を入れており、患者様の症状やお身体の状況を 綿密に問診・診察して、循環器専門医としての最新の治験を活かした非侵襲的検査を積極的に行っております。掲載記事をぜひご覧ください。

  ↓↓↓クリックすると拡大記事(PDF)がご覧いただけます↓↓↓
お知らせ | 03:18 AM | comments (x) | trackback (x)
研究会出席のため、
5月23日金曜日の夜診は
17時30分~18時30分までとなります。
お間違えのないよう、宜しくお願いします。
お知らせ | 06:39 PM | comments (x) | trackback (x)
当院が、平成26年4月24日発売の 週刊ダイヤモンド臨時創刊 「頼れる病院2014」 に掲載されました。



現在 当院では、高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療を行っており、今回≪オーダーメードのがん治療に頼れる病医院≫として、紹介されております。

高濃度ビタミンC点滴療法は、副作用のない“がん治療”であると同時に、様々なアンチエイジング効果も期待のできる画期的な点滴治療であると考えておりますので、“がん治療”でお困りな方や、アンチエイジング治療としてご興味のある方はいつでもご相談ください。

  ↓↓↓クリックすると 掲載記事 が拡大されます↓↓↓
お知らせ | 07:57 PM | comments (x) | trackback (x)
平成26年2月1日より診療時間を変更させて頂きました。

一般保険診療は、従来通りでございますが、自由診療につきましては、昼診(午後3時00分ー午後5時00分)の予約診療枠を新たに設けました。
昼診につきましては、自由診療のみの予約外来となりますので、お間違いのないようにお願い申しあげます。


≪一般保険診療≫
                     月  火  水  木  金  土  日  祝
午前9時00分ー午前12時00分  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ×  ×
午後3時00分ー午後5時00分   ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×
午後5時30分ー午後7時30分   ○  ○  ○  ×  ○  ×  ×  ×


≪自由診療≫
                     月  火  水  木  金  土  日  祝
午前9時00分ー午前12時00分  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ×  ×
午後3時00分ー午後5時00分   ×  ○  ×  ×  ○  ×  ×  ×(要予約)
午後5時30分ー午後7時30分   ○  ○  ○  ×  ○  ×  ×  ×


なお、高濃度ビタミンC点滴療法については、初診時の診察に時間を要するため、昼診(午後3時00分ー午後5時00分)での予約受診をお願いいたしておりますので、宜しくご協力のほどお願い申し上げます。
お知らせ | 03:20 PM | comments (x) | trackback (x)
マイヤーズ・カクテル点滴療法とは、人間の身体にとって必要不可欠な各種ビタミンやミネラルを組み合わせて点滴投与することで、アンチエイジング、感冒、慢性疲労症候群、片頭痛、喘息、うつ病、運動能力向上など、数多くの目的に効果を発揮できる治療法です。
必要なビタミン・ミネラルを直接点滴投与することで血中濃度を急速に上昇させるため、栄養学的効果だけでなく、薬理学的効果も期待できます。
お知らせ | 08:44 PM | comments (x) | trackback (x)
高濃度ビタミンC点滴療法とは、大量のビタミンCを点滴投与し血中のビタミンC濃度を急激に上昇させることで、元来ビタミンCがもつ高い抗酸化作用を発揮し、様々なアンチエイジング効果をお身体に与えてくれる治療法です。 また高濃度ビタミンC点滴は、ガン細胞のみを選択的に殺し、ガンの進行を食い止めることが報告されていることから、副作用の少ない抗ガン剤としても注目されております。
当院では、高濃度ビタミンC点滴療法認定医が治療にあたり、患者様のニーズに合わせた安全かつ快適な点滴治療を実践いたしております。
お知らせ | 08:41 PM | comments (x) | trackback (x)
立石クリニックのホームページが一部リニューアルされました。

院内改装後の雰囲気がわかると思いますので、ぜひ院内案内のページをご覧ください。

スタッフ一同、よりよい医療が患者様に提供できるよう全力で診療にあたらせて頂きますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。
お知らせ | 01:01 PM | comments (x) | trackback (x)
いびき・睡眠時無呼吸外来について

“いびき・睡眠時無呼吸”は、居眠り事故を高率に引き起こすほか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の悪化を引き起こすとともに、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や脳卒中などのリスクを高める怖い病態です。


当院では、“いびき”を有する患者様のリスクを積極的に評価し、適切な治療を提供するために“いびき・睡眠時無呼吸外来”を開設しております。ご自宅でできる検査でリスクを適切に評価させて頂きますので、“いびき”が気になる方はお気軽にご相談下さい。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まったり(無呼吸)、ノドの空気の流れが弱くなったりする(低呼吸)病気です。一般には、10秒以上の無呼吸もしくは低呼吸状態が1時間に5回以上ある場合を睡眠時無呼吸症候群と定義します。

原因としては、下記のような様々な因子により、睡眠中に上気道が狭くなり、最終的には上気道の閉塞を引き起こすとされています。


<SASの原因>
肥満・首が短い・扁桃が大きい・アゴが小さい・アレルギー性鼻炎 など


気道の狭窄がきつくなると、空気の摩擦音が生じるようになるによるため、大きな“いびき”をきたします。またこのような状態が続くと眠りが浅くなるため、長時間眠ってもすっきりと目覚めず、日中に突然眠くなることがあります。実際、2003年2月に起きたJR山陽新幹線の居眠り運転事故もSASが原因でした。


<SASの症状>
ほぼ毎日大きないびきをかく
寝ている時に息が止まっているといわれた
日中の眠気がきつい
車の運転中や会議中に突然眠くなる
太っている
毎日体がだるい
朝起きたときに頭痛がする 


このような症状をお持ちな方は、SASの可能性がありますので、一度当院へご相談下さい。


検査としては、睡眠時に携帯型の小型モニターを装着することで、睡眠中の呼吸状態を評価します。自宅での検査が可能ですので、お忙しい方でも気軽に検査することができます。


治療は、その重症度により異なりますが、中等度以上の患者様にはCPAP(持続陽圧呼吸療法)の導入を行います。CPAPとは、鼻から専用のマスクを通して、気道に空気を送り込み気道を広げておく治療法であり、全世界で最も普及している治療法です。
お知らせ | 12:12 PM | comments (0) | trackback (0)