お知らせ::京都市 内科 | 立石クリニック,,

HOME  >  お知らせ
美白注射とは

美白に効果的な高濃度ビタミンCを入れる事により、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、色素沈着を抑制し体の内側から高い美白効果を得ることができます。そのビタミンCに加え、肝班の治療薬として話題のトラネキサム酸を一緒に体内に取り入れる事により、さらに美白効果アップが期待できます。
日焼けによるシミ、そばかす、くすみを軽減し肌トラブルを解消し、美容や健康に必要な成分を素早く体に吸収することができるといわれております。


当院での「美白注射」メニュー

当院では、下記3種類の美白注射・点滴をご用意致しております。
週1回~2回の治療が効果的です。

1 美白注射     1360円
高濃度ビタミンCとトラネキサム酸を配合した注射メニューです。静脈注射で投与しますので、時間のないヒトでも安心です。

2 スーパー美白点滴   2100円
高濃度ビタミンCとトラネキサム酸に加え、ビタミンB成分も追加配合した点滴メニューです。美白効果に加え、肌荒れ改善効果もさらに向上したメニューとなっております。配合メニューが豊富であるため、ゆっくりと点滴で投与させて頂きます。

3 美白プラセンタ点滴   3670円
美白注射成分の中に、プラセンタエキスを2アンプル追加配合した点滴メニューです。プラセンタを混合させることで、美白効果はさらにアップします!

お知らせ | 01:52 PM | comments (0) | trackback (0)
にんにく注射とは

「にんにく注射」は、溜まってしまった疲れの原因となる乳酸を分解するための成分を補ってくれるので疲労回復に効果があり、またその効果がすぐに現れることから、スポーツ選手や芸能人の中で愛用者が急増し、メディアにも取り上げられ有名になりました。実際、注射をしている最中から体の中から熱くなってくるのを感じ、元気が出てくるのを感じられる方もいらっしゃいます。


「にんにく注射」成分と効果

「にんにく注射」といっても、すりおろしたニンニクが入っているわけでも、ニンニクのエキスが入っているわけでもありません。「にんにく注射」に含まれている主な成分は、ビタミンB1やB2といったビタミンB群です。なかでもビタミンB1は、エネルギー源である糖質を分解して、実際に必要なエネルギーに変えるのを手助けしてくれます。なので、もしビタミンB1が不足してしまうと、エネルギーを作り出すことができなくなってしまいます。そのうえ、分解されなかった糖質はそのうち脂肪へと変わって、肥満につながってしまいます。倦怠感や食欲不振、皮膚の炎症など様々な健康障害を引き起こしてしまうのです。
「にんにく注射」は全身にビタミンを行き渡らせることで、体内に蓄積した乳酸を燃やします。その結果、血流のめぐりがよくなり新陳代謝が活性化されるのです。
他にもにんにく注射の成分として、ビタミンB6やB12などが含まれますが、ビタミンB群は私たちの身体を、元気に、健康に保つためにはとても重要で欠かすことのできない栄養素なのです。


    疲れがたまっていても、大事な仕事があり休めない方

    よく寝ているのに全然疲れがとれない方
 
    だるさがなかなか抜けない方
  
    緊張性頭痛や肩こり、腰痛に悩んでいる方

    夏バテによる体力減退ぎみの方

    冷え性や虚弱体質で、よく風邪をひく方(一度かかると治りにくい方)

    二日酔いの方や肝臓が弱っている方


このような方には一度「にんにく注射」をおススメします。


当院では、下記3種類のにんにく注射・点滴をご用意致しております。

週1回~2回の治療が効果的です。

1 にんにく注射     1360円
ビタミンB1とB2を中心に配合した注射メニューです。静脈注射で投与しますので、時間のないヒトでも安心です。

2 スーパーにんにく点滴     2100円
もっと元気になりたい人のために、ビタミンB1、B2に加え、B6、B12、さらにはビタミンCを追加配合いたしました。配合メニューが豊富であるため、ゆっくりと点滴で投与させて頂きます。

3 にんにくプラセンタ点滴     3620円
スーパーにんにく点滴の中に、プラセンタエキスを2アンプル配合した点滴メニューです。
(プラセンタ療法に関する詳細は、”プラセンタ療法”の欄をご参照ください)


「にんにく注射」の副作用

にんにく注射を実施するにあたって、やはり副作用はあるのか?といったことを不安に感じられる方もおられることと思います。
結論から述べると、にんにく注射で使用される栄養成分は主に水溶性ビタミンがほとんどであり、過剰に投与された場合であっても、体内で利用されなかったビタミンは尿として排出されるので、基本的に副作用の心配はありません。
お知らせ | 09:54 AM | comments (0) | trackback (0)
“プラセンタ”とは胎盤のことをしめし、胎盤には、胎児を成長させるための様々なアミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養分が多く含まれております。そこから抽出されたプラセンタエキスには、血液やリンパの流れを促進し新陳代謝を活発にする効果や、皮膚内部のコラーゲンの再生を促す作用があるとされております。

実際、中国では古くから滋養強壮や不老長寿などに利用され、かの有名なクレオパトラやマリー・アントワネットなども若返りや美容目的に使用していたと言われております。

またプラセンタエキスは、細胞の働きを様々な面から活性させるため、自律神経やホルモンのバランス調整作用や肝機能改善作用、また免疫力を高める効果も併せ持つとされております。

当院では、厚生労働省の認可を受けたヒト胎盤由来の医療用プラセンタ製剤を用いて、プラセンタ注射を行っております。


下記のような症状や疾患に効果があります。

しみ・しわ・くすみ、しもやけ、にきび、アトピー性皮膚炎、イライラ感、のぼせ、疲れやすさ、風邪をひきやすい、膠原病、肝機能障害、高脂血症、便秘症、更年期障害、生理痛・生理不順、冷え性、肩こり、腰痛症、リウマチなど

≪治療メニュー≫

      プラセンタ注射;  プラセンタエキスを筋肉注射で投与します。
                    お時間のない方におススメです。

      プラセンタ点滴;  プラセンタエキスを点滴にて投与します。 
                    2アンプル以上を投与される方には点滴をおススメします。
 
 にんにくプラセンタ点滴;  プラセンタエキスににんにく注射成分をブレンドしました。
                    疲労回復や肌荒れには、もってこいの点滴です。

   美白プラセンタ点滴;  プラセンタエキスに美白剤を追加した点滴メニューです。
                    肌のシミやくすみでお悩みな方におススメです。

スーパープラセンタ点滴;  プラセンタエキスに、にんにく注射の成分と美白剤を追加した
                    スペシャルメニューです。
                    有名運動選手や芸能人も使用していると言われています。


≪代金≫

      プラセンタ注射;  1360円 (1アンプル)~

      プラセンタ点滴;  2620円 (2アンプル)~
 
 にんにくプラセンタ点滴;  3670円

   美白プラセンタ点滴;  3500円

スーパープラセンタ点滴;  4720円


初診時は2100円プラスとなります。(再診料は1050円です)

ご興味のある方は、気軽にご相談ください。
お知らせ | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0)
当院にてプロペシアによるAGA治療を開始いたしました。


AGAとは

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。

AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。さらに進行すると、細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。一般的にDHT(ジヒドロテストステロン:AGAの原因物質)や遺伝がその発症要因とされており、AGAのヒトは全国に1260万人ともいわれております。

プロペシアとは

プロペシアとは世界60カ国以上で承認されている、世界初めての医師が処方する男性型脱毛症用内服薬です。抜け毛の原因物質であるDHTの産生を抑える薬であり、1日1錠服用することで、AGA患者様の90%に脱毛の進行抑制、または改善の効果が見られたというデータが報告されています。

当クリニックでは、万有製薬より販売されている正規プロペシア錠を採用しております。
海外製や輸入物は使用いたしておりませんのでご安心ください。

用法は、1日1回1錠服用するだけOKです。

治療の効果は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、3か月程度で効果が出てきますが、その判定には6カ月の服用が必要となります。途中で服用を止めてしまうと、もとに戻ってしまいますので、継続的な服用が必要です。

副作用としては、勃起機能不全(1%未満)や性欲減退(1%~5%未満)が言われております。また肝機能障害を認めることもありますので、可能であれば血液検査でのフォローをお勧めいたします。

なお、他の育毛剤との併用により、効果があがると報告されております。当院ではアロビックス(塩化カルプトニウム)外用液の併用をお勧めいたしております。

抜け毛は進行性ですので、気になったら早目の治療をお勧めします。


治療代金について:

    初診料 2000円
    再診料 1000円(薬のみの時は無料です)
   
    プロペシア錠1mg 28錠 8000円
    アロビックス外用液 30mg 1500円


診療時間について:

通常の診療時間内であれば、予約なしで対応させて頂きます。
しかし、”待ち時間がイヤである”、”女性スタッフや女性患者の目が気になる”などでご心配をされている患者さまにつきましては、下記時間帯において男性スタッフのみで対応させて頂きます。その際は予約が必要となりますので、前もってお電話でご相談ください。

予約時間帯:月、水、金曜日の午後1:00~4:00

なおプロペシアは保険外薬品でありますので、当院でのAGA治療についてはすべて自由診療となります。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


お知らせ | 09:48 AM | comments (0) | trackback (0)
健康成人への新型インフルエンザワクチンの接種を開始いたしました。
予約制になっておりますので、ご希望の方はお電話にてご連絡ください。

接種代金;3600円(公費負担の場合は無料)

なお接種時期につきましては、先着順となりますのでご了承ください。

また公費負担の場合は、所定の公費負担申請書が必要となりますので、最寄りの区役所にお問い合わせの上ご用意ください。
(用紙がない場合は実費となりますのでご了承ください。)
お知らせ | 05:04 PM | comments (0) | trackback (0)
11月1日より季節性インフルエンザ予防接種を開始いたしました。


なお新型インフルエンザワクチンについては現時点では未定であります。
お知らせ | 10:14 AM | comments (0) | trackback (0)
寒さがますにつれ、インフルエンザなどの感染症が増加してきております。

当院では、院内での感染拡大を予防すると同時に、新型インフルエンザ感染症に対する適切な診療を行うために、

発熱患者様専用の外来空間  を設置いたしました。


発熱で受診される患者様は、まず受付でご相談ください。すみやかに発熱外来へ誘導させて頂きます。

それ以外で受診される患者様も安心して当院へ来院ください。



他の患者様への感染予防も考慮した対応ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

お知らせ | 10:08 AM | comments (0) | trackback (0)
喫煙は、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患の発症を5倍以上も上昇させる危険因子であると同時に、代表的な発ガン物質であります。

また一度喫煙を始めてしまうと、なかなかやめることが困難であり、初めての禁煙で成功する割合は1割程度であるといわれております。

でも心配はありません。あきらめなければ、必ず禁煙することはできます。

当院では、そのような患者様のために、平成21年10月1日より禁煙外来を開始いたしました。

チャンピックス(内服薬)による禁煙治療で治療を行っており、

現在までに8割以上もの患者さまが禁煙に成功されております。

当院では保険診療にて禁煙治療を行います ので、患者様にはコスト負担が少なく行うことができます。

禁煙できなくてお困りな方は、気軽にご相談ください。


お知らせ | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0)
この度、当院にて働いて頂けるパート看護師(正・准看護師)さんの募集を開始いたしました。

我々は”すべては患者様のために”をモットーに、患者様に安心と癒しを与えられるような医療が提供できるよう日々診療にあたっております。

週1回でも結構ですので、ご興味のある方は一度お電話でご相談ください。

勤務時間: 午前8:00 ~ 12:00

業務内容: 診察・検査時における診療補助
        採血・点滴などの医療処置     
        物品管理・清掃            など

時給:    1600円~1700円

交通費:   最大600円/日


何かご質問がありましたら、お電話にてご相談ください。
お知らせ | 10:37 AM | comments (0) | trackback (0)
平成21年5月1日より当院では下記の予防接種を開始致しました。

<麻疹・風疹(MR)ワクチン>
第1期:生後12月~24月に至るまでの間にある者
第2期:5歳から7歳未満で小学校就学前1年間の者(幼稚園年長児に相当)
第3期:本年度内に13歳となる者(中学1年生)
第4期:本年度内に18歳となる者(高校3年生)

平成20年より5年間に限り、従来の第1・2期に加え、中学1年生と高校3年生に該当する年齢の者に対しMRワクチンの接種が可能となりました。

<三種混合(DPT)ワクチン又は二種混合(DT)ワクチン>
第1期:<初回接種>
生後3月から90月(7歳6か月)に至るまでの間にある者
(生後3月~1歳に接種することが望ましい)
<追加接種>
初回接種終了後、12月から18月に至るまでの間にある者
第2期:11歳以上13歳未満の者(標準として11歳の者)、DTのみ

<受診時に必要なもの>
・予防接種予診票
・予防接種券
・印鑑
・母子健康手帳

<料金>
無料(ただし対象外の方は自己負担となりますのでご注意ください)

なお予防接種はすべて予約制になりますので、まずお電話にてご連絡ください。
お知らせ | 02:32 PM | comments (0) | trackback (0)