歯周病と心臓疾患について::京都市 内科 | 立石クリニック,,

HOME  >  院長ブログ
今日は、歯周病のお話をします。

「歯周病」はビジネスパーソンにとって、身近な「歯の病気」です。皆さんよくご存じの通り、「歯周病」は細菌の感染によって引き起こされる病気ですが、忙しいと、つい治療が後回しになりがちになりますよね。でも、「歯周病」は放っておくとどうやら歯や口以外にも影響を与え、最近では口臭や、全身の老化にもつながることが明らかとなってきています。

また、「歯周病」は「心血管疾患」とも深い関係があるとされていることをご存じでしょうか?「心血管疾患」とは、心臓の周りを取り囲む冠動脈や大動脈において動脈硬化が進行することで発症する病気で、その多くは症状がないまま病状が進行し、症状が現れた時には重症となり時には死に至る大変危険な病気であります。一見「歯周病」とは関連がないようでありますが、血管内に生じた動脈硬化病巣や血栓の内容物から、歯周病菌のDNAが検出されたことが明らかとなり、歯周病菌が動脈硬化の進展に関与していることが明らかとなっています。病巣としては腹部動脈瘤や下肢の末梢動脈の動脈硬化病巣など全身の動脈硬化病巣から検出されていることから、歯周病菌は歯肉で炎症を起こし、そこから血管内に侵入して全身を循環し動脈硬化の病巣進展に関与していると考えられています。

「歯周病」の治療としては、正しいブラッシングや歯間ブラシを行うことで、日頃からの歯のお手入れを行うことが大切とされておりますが、なかなかそれだけでも十分な管理ができないことが多く経験されます。そこで期待できるのが高濃度ビタミンC点滴療法であります。高濃度ビタミンC点滴療法は「歯周病」の改善効果も期待できることから、当院では心臓病の方で「歯周病」管理が十分できない方や、アンチエイジングとして「歯周病」の管理もご検討の方々にお勧めさせて頂いております。
院長ブログ | 03:51 PM | comments (x) | trackback (x)