高尿酸血症って何?::京都市 内科 | 立石クリニック,,

HOME  >  院長ブログ
こんばんは。院長の立石です。

今回は、高尿酸血症についてお話します。

皆様ご存じのとおり、尿酸が高くなると問題になるのが痛風であります。痛風発作は足関節部の腫脹をきたし、激痛がはしります。一回経験された患者さまは、二度と経験したくない一心で治療に励まれますが、やはり時間がたつと忘れたり、治療がおろそかになってしまうことも多々あります。

もうひとつ高尿酸血症でわすれていけないのが、心臓病・脳卒中のリスク因子であるということです。高血圧や腎臓病との関連も以前から報告されておりますので、症状がないからといって放置しておくと、怖い病気を起こす可能性があります。

ですので、検診等で尿酸が高いと言われた場合は、症状がなくても相談してください。

まずは病気を認識し対応を考えることが大切です。


院長ブログ | 06:28 PM | comments (x) | trackback (x)