禁煙外来。京都市 内科 | 立石クリニック

禁煙外来
HOME  > 禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙したくてもなかなか成功できないことありますよね。これはあなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。このような喫煙習慣は“ニコチン依存症”とよばれ、治療が必要な立派な病気とされております。
喫煙は、喉頭がんや肺がんなどの悪性腫瘍や、肺気腫やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患の要因になるだけでなく、狭心症や心筋梗塞・脳卒中などの動脈硬化性疾患の発症リスクを大幅に高めます。


喫煙と心筋梗塞のリスク


そこで当院では、予防医学の観点から保険診療による禁煙治療を、積極的におこなっております。実際には、禁煙治療薬による禁煙治療を行っており、現在までに約8割以上の患者様が禁煙に成功されております。 禁煙できなくてお悩みの方、是非一度当院にご相談下さい。 止めたいと思う意志があれば、だれでも必ず禁煙できます。

禁煙治療の実際

当院では第一選択薬として、禁煙治療薬であるチャンピックス錠を採用しております。
チャンピックス錠は飲み薬であり、12週間の治療期間が必要となります(通院回数としては最低5回)。


2年間のプロペシア投与



同治療薬は、従来の禁煙補助薬と異なりニコチンを全く含んでおりませんので、ニコチン離脱症状をより軽減することができ、ニコチン自身に引き起こされる副作用も認めないことから、高率な禁煙成功率を達成することができます。

このページのトップへ