Cardiology

循環器内科

  • HOME
  • 循環器内科

循環器内科について

  • 循環器内科
  • 循環器専門医としての最新の知見より、狭心症や心筋梗塞、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、心不全などの循環器疾患や、 閉塞性動脈硬化症や脳卒中(脳出血、脳梗塞)などの全身の動脈硬化性疾患を早期に発見し、連携病院と密にコンタクトしながら、適切かつ安全な治療を患者様に提供いたします。
    また動脈硬化に対する予防医学の観点から、その危険因子とされる生活習慣病、すなわちメタボリックシンドローム、高血圧症、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、さらには、最近新たな危険因子と注目されている慢性腎臓病や睡眠時無呼吸症候群に対する診断・治療にも積極的に取り組んでおります。
    さらに、心臓病や脳卒中などに対する発症予防の観点から、禁煙外来・睡眠時無呼吸外来を開設し積極的に治療を行っております。

循環器専門医として

  • 循環器専門医として
  • 循環器疾患の早期発見・再発予防を

    当院では、日本循環器学会認定循環器専門医を持つ院長が、循環器疾患の早期発見・再発予防を目的とした包括的な循環器医療を行っております。
    病気を未然に予防し、皆様が健康であり続けるために、健康に関しての疑問点を気軽に質問できるような身近な医者でありたいと思っています。
    お身体の不調や心臓に関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

このような症状でお悩みの方はご相談ください

  • 動悸
  • 息切れ
  • 胸が苦しい・胸が痛い
  • 貧血
  • むくみ
  • 冷え性
  • 睡眠中の無呼吸・いびきの繰り返し

循環器内科で対応する主な疾患について

  • 高血圧症

    収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上の状態を示す状態です。
    主なリスクは塩分の摂り過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなどです。多くは無症状で、頭痛やめまい、鼻血などの症状が現れることもあります。

    高血圧症について

  • 狭心症

    動脈硬化により冠状動脈の血流が減少し、胸部圧迫感などが労作時に現れる病気です。
    高血圧、高コレステロール血症、喫煙、糖尿病、肥満などが危険因子とされます。放置すると心筋梗塞に進展する可能性があります。

    狭心症について

  • 心筋梗塞

    心筋が酸素不足に陥り、心臓の血管が閉塞する病気です。
    主な原因は動脈硬化や血栓による血管の狭窄であり、心筋梗塞のリスクもあります。心筋梗塞が発生すると急激な痛みが生じ、最悪の場合は生命の危険があります。迅速かつ早期の処置が不可欠で、特に20分以上の痛みが続く場合は心筋梗塞の可能性があるため、速やかに救急車を呼んでください。

    心筋梗塞について

  • 心不全

    心不全は心臓の異常により心機能が低下し、他の臓器への必要な血液が送り出せなくなる状態です。
    高血圧、心臓弁膜症、心筋症、心筋炎、不整脈などさまざまな原因疾患による心機能の低下を指します。
    初期段階ではほとんど自覚症状がなく、進行すると息切れや疲労感などが現れます。全身のむくみ、呼吸困難、喘鳴が自覚症状として生じれば、要注意です。

    心不全について

  • 動脈硬化

    血管内にコレステロールなどが蓄積され、血管の柔軟性が失われる状態です。
    これは血管の老化現象で、誰にでも生じる可能性がありますが、動脈硬化の進行を促進する疾患を有すると、その進行スピードも速まるとされています。

    動脈硬化について

  • 不整脈

    脈が異常に速くなる(頻脈)か、遅くなる(徐脈)など、不規則な脈拍を不整脈と呼びます。
    動悸、息切れ、めまい、胸痛、倦怠感などが伴い、強い動悸の後に失神する場合もあります。
    不整脈には緊急性の低いものもありますが、「心房細動」を伴う場合は迅速な治療が不可欠で、遅れると脳梗塞の発症リスクが高まります。

    不整脈について

  • 大動脈解離

    高血圧患者によく見られる病気で、血管が突然裂けることが特徴です。
    発症時には激しい胸痛や背部痛が現れ、裂けた部位によっては緊急手術が必要な場合もあります。

    大動脈解離について

  • 心臓弁膜症

    心臓には4つの弁(大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁)があり、これらが様々な理由で狭くなったり(狭窄症)、閉じなくなったり(閉鎖不全)する状態を言います。
    これらは心臓超音波検査で簡単に診断できます。弁の機能が低下すれば、心不全が発生する可能性があります。

    心臓弁膜症について

  • 心筋症

    心筋症は、冠動脈や弁膜症などの特定の原因がなく、心筋自体に異常が生じる疾患の総称です。
    この病気では心臓が拡大し、壁の運動が悪くなるか、心臓の壁が肥厚することがあります。早期の診断と病気に応じた治療により、予後を改善することができます。

    心筋症について

  • 血栓症

    血栓症は、何らかの原因で血管内に血のかたまり(血栓)ができ、これによって血管が閉塞される病気です。
    閉塞された部位や臓器は正常な血液供給を受けられず、壊死してしまったり、正常な機能が損なわれたりします。発症する部位によって異なる特徴的な症状が引き起こされます。

    血栓症について

  • 肺血栓塞栓症

    肺血栓塞栓症は、血液のかたまりが脚の静脈内で発生し(深部静脈血栓症)、それが右心房と右心室を経由して肺動脈に至り、血管を詰まらせる病気です。エコノミークラスでの長時間の狭い椅子に座ったままの状況で発生することがあるため、「エコノミークラス症候群」とも呼ばれています。

    肺血栓塞栓症について

「来院前WEB問診」をご活用ください

  • 来院前WEB問診
  • 当院では受診前にWEBでの問診システムのご記入をお願いしております。
    ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズとなりますので、是非ご協力ください。

    • 患者様の状態を把握するための問診です。できる限り正確にお答えください。
    • WEB問診記入後、来院時に受付に「WEB問診に回答した」旨お申し出ください。
  • WEB問診

    ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズになります。

  • WEB問診システムについて

    WEB問診に関する注意点などはこちらをご覧ください。

  • 〒606-8117
    京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町69

    叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」より徒歩1分

    診療時間 日・祝
    9:0012:00
    15:0017:00
    17:3019:30

    日曜・祝日、木曜午後、土曜午後休診
    …一般診療 / …心臓リハビリテーション外来

    • お電話でのお問合せ

      電話番号
    • WEB問診

      ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズになります。

    • インターネット受付

      WEBから当日の順番受付予約が可能です。

    • 発熱外来

      発熱症状がある方は、事前にこちらから受付をお願いいたします。

    • LINE予約

      クリニック公式LINEからご予約が可能です。お友達登録をよろしくお願いいたします。